土地に万が一埋設物があった場合の対処

query_builder 2023/07/04
土地新着情報

土地売却時に発生するトラブルの原因になるもののひとつに、地中埋設物があります。 そもそも地中埋設物とは何のことで、そのまま売却するとなぜトラブルになるのかよくわからない方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、土地を売却する前に地中埋設物の調査が必要な理由や撤去方法についても解説します。


地中埋設物とはその名のとおり、地中に埋まっているもののことをいいます。 とくに多いのが、コンクリート片や鉄骨・屋根瓦などの建築廃材です。 昔は産業廃棄物処理に関する規制がそれほど厳しくなかったため、建物を解体した際に発生した廃材をそのまま地面に埋めてしまうこともありました。 また、古い井戸や浄化槽など、もともと地下に埋まっているものが地中埋設物となって見つかるケースも少なくありません。 こうした地中埋設物があると新たに建物を建てる際、基礎工事の邪魔になる可能性があるため、対処法を考える必要があります。


地中埋設物がある土地を売却すると買主との間でトラブルが発生する可能性があります。 告知せずに売却すれば買主から契約不適合責任を追及され、契約解除を求められることも考えられるでしょう。 また、損害賠償を請求されて高額な費用を支払わなければならなくなることもあります。 そうならないためにも、しっかりと調査をおこなっておくのがおすすめです。 調査方法には、過去にその土地がどのように利用されていたかを調べる地歴調査があります。 また、電磁波を利用して地中を調べる地中レーダー探査やハンマーによる打撃で地盤の強度を測定するボーリング調査なども有効です。


また調査により地中埋設物があるとわかったときは、土地を売却する前に撤去する必要があります。 撤去方法は、重機で掘って地中埋設物を取り出し、産業廃棄物処理場へ運ぶのが一般的です。 内容によっては高額な費用がかかることもあるので、事前に確認しておくと良いでしょう。 また、水道管や基礎杭などは土壌汚染や地盤沈下の心配がないため「撤去する必要がない」と判断されることもあります。


まとめ

地中埋設物は土地の売却に影響を与えることがあるので、事前に調査を実施してトラブルを回避するのが望ましいといわれています。 地中埋設物が「瑕疵」と判断される場合には売却前に撤去する必要があるため、撤去方法や費用を確認しておくと良いでしょう





----------------------------------------------------------------------

センチュリー21 Best You Housing

住所:栃木県宇都宮市越戸4丁目6-7

----------------------------------------------------------------------